EAPを知る

EAPとは、従業員支援プログラムです。メンタル面から社員を支援します。近年、職場での人間関係が年々複雑化しています。そんな中、社員がうつ病になることを回避するために開発したプログラムです。企業が外部団体と契約して社員の心の健康をサポートします。社員の心の健康は、会社組織の中でも最も重要なことです。社員が健康でなければ会社は成り立ちません。生産性を上げる上でも、社員のモチベーションで大きく変わります。社員が抱える様々な問題を見つけ、解決していくことで、会社がクリーンになります。社員が元気になり会社がクリーンになることで、会社も元気になり景気にもつながります。社員の健康を支援し安定した企業を作ることができます。

EAPとは、職場組織が生産性に関連する問題を定義します。そしてEAPは、社員の一人一人が健康であることをサポートします。結婚や家族のことも例外ではありません。家計も重要になります。更には、アルコールやドラッグ、法律、情緒、ストレス等の様々な問題にも取り組みます。仕事上に影響を与えうるあらゆる問題を見つけ、解決するのがEAPです。EAPのプログラムデザインも様々です。まずはニーズの査定があります。組織や社員のニーズの調査に基づいて行われます。そして助言の機能があります。組織内に助言のための手続きの場を作ります。そこで全ての重要な就労部門の代表者に参加してもらいます。さらにサービス提供のシステムや実施計画などのプログラムがあります。