就業規則を知る

就業規則は、労働者が就業中に守るべき規律や労働条件などを記したものであり、その会社におけるルールといえるものです。 法律では就業規則は、常時10人以上の労働者がいる場合には用意しなければなりません。また就業規則は労働基準法に則って作成し、行政官庁に提出する必要があります。 就業規則は、一定のテンプレートが用意されており、それに則って作成すれば問題ありませんが、業者に作成を依頼することも可能です。一般に依頼先としては社会労務士があり、社会労務士事務所に相談すれば作成を行ってくれます。費用はその内容で異なりますが、アドバイスや内容チェック程度では5万円から20万円程度。作成代行では20万円から40万円となっています。

通常、労働者と企業は労働契約を結び、その労働の対価として金銭を支払うものです。基本的には、労働契約ですべてが決まるものですが、その労働契約の基礎となるべきものが就業規則になります。就業規則を作成し明文化し、企業側と労働者双方が理解することで、労働者の問題が起こりにくくなりますし、問題が起こった場合のリスク回避にも役立てることができます。また昇給や賞与などの基準を明確にすることで、労働者の士気を高めることが可能です。 また就業規則はテンプレートに則って作られるのが一般的ですが、他社にはない規則を設けることで、他の企業との差別化をすることができますし、労働者に対して会社の有り様を示すことができます。